トップ

親戚付き合いの距離感

親戚付き合いトラブルとは

生活のトラブル。親戚編

生活のトラブルで意外に多いのが、親戚との付き合いではないでしょうか。結婚すると、近所でない限り、身内と言えど疎遠になりがちです。親戚と会うのは、結婚式やお葬式の時だけ、なんて家庭も少なくありません。しかし、疎遠であったが為に、お互いを理解し合えず、相続問題などの生活のトラブルに発展してしまっているケースは非常に多いのです。どこまで、お付き合いをするべきなのでしょうか。近所であれば、頻繁でなくともコミュニケーションを取るようにしましょう。お互いの家に訪ね合って、一緒に食事を取る機会があれば、なお良いでしょう。なかなか会う事ができない距離であれば、お中元やお歳暮、年賀状を送り合うのも、関係を良好に保つ方法の一つですね。

親戚の付き合い方法はどこまでか

親戚との付き合いはどこまで行えば良いのか、又上手に続けるのはなかなか難しいですよね。一生のお付き合いにもなりますし、その中で生活のトラブルにもなりかねません。方法としては自分が負担にならないよう距離をおく、遠くに住む等がありますがあまり遠ざけてもよくありません。仕事をしている、子供の体調不良等どうしても行くのが難しい状況を作るのも1つの方法です。自分に負担、ストレスがあまりかからない位の距離をとることで生活のトラブルを防ぎます。自分にも周りにも程よい距離感が保てると良いですね。大事な冠婚葬祭以外はあまり無理はしないでも良いのかもしれません。

↑PAGE TOP